スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間 by MOG

MOGです。久しぶりの更新です。

震災から一週間。
ようやく気持ちの整理が付いてきたので、今日は、震災当日からの近況報告と、今、私が思っていることを書き並べてみようと思います。

まず、自分の言葉では何と言っていいか分かりませんが、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。



3月11日、私は朝9時までの定時業務を終了した後、13時過ぎまで事務作業の残業をしていました。
一通り業務も落着き、帰宅の途に着いている時、突然足元がぐにゃぐにゃといった感触に襲われました。
周囲を見渡すと、ビルからたくさんの人が飛び出してきたり、自動車が急停止したりと、ただごとでない様子が一目で分かりました。
そしてグラグラときしむ道路標識や信号機。
割れるビルの窓ガラス。
防災業務に携わる身として、地震体験車で体感したその揺れが、まさに今目の前で起こっている。
……それが大地震の発生だと理解できるまで、頭が空白の時間がありました。

すぐに自分の勤務場所に引き返すと、すでにビルの1階部分はテナント従業員や駅利用客でごったがえしていました。
ケガ人やビル外部の破損、火災、停電が発生していないことを確認し、すぐに勤務場所である防災センターへ到着すると、各種警報盤がピーピーと警報を鳴らしている。

床に目をやると散らばったファイルや書類が地震の規模を物語っていました。。

エレベーターは地震を感知し自動的に停止していましたが、閉じ込められた客は無し。
火災警報も反応無し。

地震による倒壊、火災、停電、ELV閉じ込め等、おおよそビルにとって致命的な被害は無かったのが不幸中の幸いでした。

TVで確認すると、震源は東北地方であるとのこと。

しかしながら未経験の大きな揺れと、震度4クラスの余震に、ビル内のお客様はパニック寸前の状態でした。
警備員として、お客様の安全確保と不安を取り除くことは重要な任務となります。
耐震構造のビルとはいっても、やはり館内のお客様は「倒壊」という恐怖があるため、安易に外に出てしまいがちです。
が、都心部において怖いのは「倒壊」よりも「ガラス片の落下」といわれています。
不安感を取り除きつつ、高圧的な態度にならないように広報をします。
幸い、私の勤務しているビルのお客様は皆理解があり、パニックによる二次災害には至りませんでした。

地震の初動対応が落着いた後は、各種設備の被害状況の詳細と、その他お客様の問い合わせへの対応が主な任務となりました。

結局、帰宅の途に着いたのは19時過ぎでした。
幸い自宅までは徒歩でも帰れる距離でしたので、その日は歩いて帰りました。
いつもはそんなに人がいない道も、まるでコンサートが終了したときのような人間の数でごったがえしていたのがとても印象的でした。

ビルは、本来の閉館時間以降も帰宅困難者を受け入れるために開放されていたようです。


自宅に着くと、本棚のDVDやTVの上の小物が落ちたくらいで、特に被害らしい被害はありませんでした。
また、震度5以上でもケガ人の1人も出なかった勤務地のビルの強度に、改めて日本は地震に強い国だ、と思ってしまいました。

が、

TVをつけると、宮城県では津波の被害が甚大だったとのこと。
関東での大地震というと、関東大震災が真っ先に頭に浮かびます。
そんな大地震と同じ規模にも耐えうる東京の建造物に安心していた自分は、何て浅はかだったのだろうと思いました。

日頃防災業務に携わる身として、地震→火災、停電は警戒していても、津波は頭の中にありませんでした。

そして次の日から徐々に明らかになっていく被害状況。
ハッキリ言って、目を覆いたくなるような悲惨な状況に、何も考えたくなくなるくらいでした。

被害が少なかったのは初動の情報伝達がうまく伝わらなかったためで、実際には連絡もつかないような被災者が多数いたことが、本当にショックでした。

震災翌日からも休み無しで勤務でしたが、現実的にビルでの地震で一番怖いのはELV閉じ込めです。
余震が起こるたびに、ELVが止まらないかと怯えながら勤務に就く。
被災地ではそんなものとは比較にならないくらい怖い思いをしている人がいるというのに。
ただTVで増えていく犠牲者の数を眺めることしか出来ない自分は、本当に無力だと痛感しました。


そして残念だったのは都内の現状。
ニュースで報道されている通り、買占めが横行しているのかコンビニ、スーパー、ガソリンスタンド、全然モノが売っていません。
慌てて備蓄に走る気持ちは分からんでもない。
でも、オイルショックから学ぶことは何もなかったのか?
被災地の現状を見れば、都内は十分に安全だというのが分かるはず。

それを一部の阿呆が買占め、買い溜めに走るから、必要な供給量を上回る需要が生じる。

大量の惣菜を買い占めるオバチャン。
……消費期限って言葉、知ってっか?

トイレットペーパーを買い占めるオッチャン。
……ペットボトルの水は要らないの?

朝からガソリンスタンドに並ぶピカピカのBMW
……そんなに時間と金持て余してるなら家で寝てろ。


あえて汚い言葉を使うと、「こいつら、本当にバカだ」と言った思いです。


あと、停電。
なんとかならんのですかね?

23区の一部は停電対象外です。
実家は埼玉県、停電対象地区です。

父が「ローソク立てて停電をしのいでる」と言っていました。
埼玉の田舎町と23区、どっちが電気使ってる?

寒い中ローソク立てて明かりを灯している家があるのに、どうして都内のお店は暖房の効いたお部屋で明かりがついているのでしょうか?

私の勤務地も自宅も、23区内の停電対象外の地区です。
ラッキーだなんて、全然思いません。
本当に、申し訳ない気持ちでいっぱいなのです。

システムが云々言ってたけど、本当に必要な信号、電車なんかは停めちゃいけないと思う。


あと、昨日の予測不能な大停電が発生かの報道。
良くない、ああいう不安を煽る報道の仕方は。
海江田君が言っていたのは、あくまで話の流れの中での話であって、だから政府はこうしますといった内容ではなかったのですが、一部分だけ切り取られて報道された。
それじゃあ、パニックだって起こるわけだ。

挙句東電さんのその後の会見「とりあえず大丈夫だった」的な。
……そういうのは、暖かくなってから言ってくれ。
夜の早い段階で発表する内容ではないと思った、個人的に。


それと、災害に便乗して悪さする阿呆共。
本当に、この世からいなくなってほしいと思う。


都内の震災で一番怖いのは、人災だ。



他にも原発が大変なことになっているらしいけど、私のような素人が口を出せる問題でないので特に意見はしません。
が、周囲に住んでいる人達には一刻も早い対応をしてほしいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

今 僕たちにできること。

前欄でも書きましたが改めてMOGさん おかえりなさい。

今 僕達にできることを考えよう。
今 僕達にできることを実行しよう。

今朝も自宅前の道路は開店前朝7時には長い行列。
本当に必要な人もいるだろうから一概に非難はできないが。


今 できることは 正しい情報を得て冷静に行動すること。
原発に関しては おそらく間違いないであろうソースを見つけましたので不安な方は御覧ください。

藤原新也のブログより。
「また学者の武田邦彦さんのサイトを紹介されたが、御用学者ではない彼のブログは正確な今回の原発事故の情報源として信用に足りうるもののようだ。」

http://takedanet.com/





情報操作 情報隠蔽

もうマスメディアに流されている情報は信用できないと思った方がいい。

報道[ジャーナリズム]を料理に例えてみよう。
報道する側[メディア・ジャーナリスト等]は料理人だ。
伝えられる情報は食材だ。
料理の場合食材の持つ本来の味をそのまま反映させるものもあれば加熱や調理により本来の味からかけ離れたものもある。
前者は刺身や生野菜料理で後者は加工食品全般に該当する。
料理の大半は何らかの形で加工される訳だがそこには料理する側[料理を提供する側]の利益や理念に絡む思惑が反映される。
当然大資本運営のチェーン店は利益重視生産性重視となるが何らかの理念を持つ調理人は極力食材本来の味を引き出すことに重きを置く。
巨大資本であるマスメディアは前者だ。
震災発生直後のテレビ各局の報道の姿勢は速報重視だ。つまり刺身であり生野菜料理を目指すことになる[目指さざるを得ない]。加工調理する猶予が極めて少ないからだ。
だが原発事故発生以後の報道姿勢が明らかに 刺身 から 加工食品 を目指すものに変化した。食材にタブーとされる極めて危険なものが含まれているから加工調理をするのは当然のことだ。
しかしそれ以上に厨房の指揮系統[総料理長]が変化したことが大きい。
総料理長は 政府 だ。重要な情報が現場発から政府発になったのだ。
ある意味 いつもの状態 に戻ったとも言える。マスメディアの情報は常に 操作 隠蔽 されているという意味で。

今テレビ報道を観ていて何か妙な違和感を感じることが多い。
突然普段扱ったことがない食材をレシピも無しに調理しろと言われてアタフタと調理し客席にサーブし続けているものの化学調味料では誤魔化しきれていないといったところだろう。
そのうちに 今回の食材 にも慣れて見事な料理を提供してくれる日も近いだろう。
まぁそれもいいだろう。多少食材に問題があろうとも ただちに 健康に害を及ぼすことはないのだから。



 

この人も怒り心頭

MOGさんと同じ気持ちをテレビで代弁してくれました。


 http://www.youtube.com/watch?v=TDMLc0Dn-AA

国外の見解 WHO

[北京 21日 ロイター] 世界保健機関(WHO)は、福島原子力発電所の事故後に一部食品から基準値を超える放射性物質が検出されたことについて、当初考えていたより深刻な問題、との認識を示した。
 新華社によると、中国は日本から輸入する食品について、放射能検査を実施する。韓国も放射能検査の対象を拡大することを明らかにした。
 WHOの西太平洋地域スポークスマンであるピーター・コーディングレイ氏は、ロイターとの電話インタビューで「深刻な状況であることは、極めて明らか」と述べたうえで「われわれは最初の数日間は、こうした種類の問題は20─30キロ圏内に限定される可能性があると考えていたが、状況はそれよりもずっと深刻なものだ」との見解を示した。
 同氏は、基準値を超える放射性物質を含んだ食品が、世界各国に広がっていることを示す証拠は現在のところはない、との見方を示した。

情報源

19日に中部大学 武田邦彦氏 のブログを紹介したが他にも情報ソースを求める声があるので幾つか抜粋してみる。
独断判断で選択したのでそれぞれ個人で判断して利用してもらえればと思う。
テレビにしても北野武が「地上波と衛星では学者の言っていることがまったく違うからどっちを信用したらいいんだかわからない。」と言っていたが [21日 参照] すでに述べたように地上波はすでに総料理長が操作隠蔽モードに入ったからでありスポンサーである東京電力や読売新聞を叩ける訳もなく挙動不審で目を泳がせながら解説する御用学者を抱えて耳障りの良い発言に終始することになる。
大本営発表と外部情報のあまりの乖離には怒りを通り越して呆れるばかりだ。


原子力資料情報室
http://www.cnic.jp

WHO
http://www.who.or.jp/indexj.html

CNN 日本版
http://www.cnn.co.jp/world/

WSJ 日本版 
http://jp.wsj.com/

藤原新也 オフィシャルサイト
http://www.fujiwarashinya.com/







10YEARS

10年後に こんな東京電力のCMを観る日が来ることを祈って その時原子力発電に代わる発電所が脚光を浴びていることを願って おやすみなさい。

http://www.youtube.com/watch?v=n92v7uQvXmw


東京電力は 民主党は そして 僕達は 誓えるのだろうか?

SAVE LIFE

阿佐田哲也

色川武大 名義のエッセイ 「うらおもて人生録」 は20代の頃に暗記できるほど読んだ作品だ。
ここに書かれていることは頭で理解できていたつもりでいたが今回の震災で改めて色川氏の慧眼に思い知らされた気持ちだ。

「俺たち、戦争を知ってるからね。見渡すかぎり焼け跡で、ああ、地面というものは、泥なんだな、と思ったんだね。そのうえに建っている家だとか、自動車だとか、人間だとか、そんなものはみんな飾りであって、本当はただの泥なんだ、とあのとき知ったんだ。
だからね、戦争が終わって、また家が建ち並んで、人間がうろうろするようになったけれども、これは何か普通じゃない。ご破算願いましては、という声がおこると、いっぺんに無くなっちゃって、またもとの泥に戻る。それが怖いような気がする。なんとか、飾りの人生を、神さまのお目こぼしで続けていきたい」『一病息災―の章』


本書だけでなく他の作品でも色川氏は 「人間は生きていることが当たり前と錯覚しているけど実は生きているだけで運を消費している。1日生きれば1日分の運を消費したことになる。」というようなことを何度も述べている。

ご破算願いましては。。。との一声がかけられたにも関わらず経団連会長や与謝野氏は原発推進の強硬姿勢を崩すつもりは毛頭ないとの発言を東京新聞や時事通信に語った。
http://news.livedoor.com/article/detail/5434344/

今日 東京都23区と多摩地区に 乳幼児に対する水道水の飲料制限 が発令された。しかも検出されて30時間後の発表だった。検出は22日午前。そしてメディアはこの発表の時期に言及していない。



もうはっきり言わせてもらおう。

この国は腐っている。

こんな状態に置かれても尚 デモはおろか暴動すら起きないのは 海外メディアが賞賛するような国民性が理由ではなくて 戦後60年かけて腐った国に国民が虚勢されたという現象に他ならない。

我々 国民も腹を括るかわりに 政府以下責任の所在の在る関係者は 腹を切れ と言いたい。

運に任せるしかない状況に国民を追い込んだ責任は死んでもお釣りがこないだろう。
↓時間を無駄にした人の数
ぐってぃ工房つぅ

基本的にMOG

Author:基本的にMOG
●MOG(警備員)
相変わらず実家の駄猫に威嚇される。

●ヌメヌメする(警備員)
恐らく警備員史上初、職場で
天然ウナギをさばいて焼いた人。

●かわいさん(警備員)
W稲田大学法学部卒業。
無修正顔出し素人。

●Chanさん(自宅警備員)
現在宅外派遣中。

現役警備員と元警備員による色んな意味で上級者向けのブログ、素人にはオススメ出来ない。

ヌメヌメするツイッター
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
QRコード
QR
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。